中堅・若手

image

若手社員と中堅社員、
目指すべき姿の違いとは?

若手社員と中堅社員、目指すべき姿の違いとはなんでしょうか?

若手社員の目指すべき姿は、
「自分の業務を正確に遂行する」になります。
一般教養やビジネスマナーを身に付けた上で、
「何のためにその仕事を行うのか?」という仕事の全体像を理解し、
期待されている(与えられている)業務を正確に遂行していくことが求められます。

一方で中堅社員の目指すべき姿は、
「チーム目標の達成に向け、業務の中心を担う」になります。
自分の業務を正確に遂行していくことはもちろん、
それに加えて、マネジメント層と若手社員の間に立ち、
後輩メンバーのフォローを行いながら目標達成に向け
チームを引っ張っていくことが求められます。

では、それらの目指すべき姿になるためには、
どういった能力が必要となるのでしょうか?

若手社員に必要な能力

若手社員は、正確な業務の遂行が求められております。
そこで必要となる能力は以下の6つに分けることが出来ます。

image

これらの能力は若手社員が業務を遂行していく上でベースとなる、必ず身に付けるべき能力です。
そして、中堅社員へのステップアップとしても必要となるこれら能力は、研修を通じて身に付けることができます。

若手社員向けの研修の詳細は以下よりご確認いただけます。

若手社員に求められる「6つのキホン」習得コース

中堅社員に必要な能力

中堅社員は後輩メンバーのフォローを行いながら、チーム目標を達成することが求められます。そのために必要な能力は、【ヒューマンスキル】と【業務遂行スキル】の2つに分けることが出来ます。

ヒューマンスキル

後輩への指導育成や、チームにおけるリーダーシップ、商談や交渉、会議でパフォーマンスを上げるための能力。

業務遂行スキル

ただただがむしゃらに働くのではなく、より生産性が高い仕事の進め方を遂行していく能力。具体的には、企画・提案力、管理力、改善力など。

これらの能力は研修を通じて身に付けることが可能です。
中堅社員向けの研修の詳細は以下よりご確認いただけます。

中堅社員のための対人関係能力向上コース(BHC)
中堅社員のためのビジネス遂行力向上コース(BTC)